新規会員登録

ようこそゲストさん!

すでに登録がお済みの場合はこちらからログインしてください。

ID(E-mail)

パスワード

パスワードを忘れた方

プレスリリースはここから
PR9コンテンツ プレスリリース作成代行 記者閲覧ランキング メディアの方へ プレスリリース受取申込み

お申込いただけますと無料でプレスリリース配信を受け取ることができます。

プレスリリース

報道関係者 各位
プレスリリース

2013年04月29日
いなだ社会保険労務士事務所

福岡市中央区今泉の「中央保育園」移転問題。保護者たちの悲痛な叫び。

保護者が書いたブログ記事が今回の移転候補地の問題を暴露。署名活動実施中。

パチンコ店とファッションホテルに隣接する危険なマンモス認可保育園が実現される?

福岡市の認可保育園である「中央保育園(所在地:福岡市中央区今泉1-19-22、社会福祉法人福岡市保育協会)」が耐震面の問題から、建て替え移転をすることになっているが、移転候補地には大きな問題があり、保護者達が署名を通じて反対活動がおこなわれている。

今回の移転候補地(中央区今泉1丁目13番地、駐車場跡地)の問題点

1.目の前の道路が狭く、ベビーカーを押して子供を連れて歩くなど危険。事故の可能性はとても高い。
2.避難経路の確保が不十分(パチンコ店の中を通るルートなど)
3.福岡市中央区今泉1丁目13番地の1ブロックにはファッションホテル(通称:ラブホテル)が2件とパチンコ店ある
4.パチンコ店の排気ダクトからの排気が保育園の園庭に降りかかる
5.夜が暗く街灯が一つのみ
6.日当たり悪い。ビルに囲まれ、園庭も昼しか太陽が当たらない
7.上記の場所に300名という例を見ないマンモス保育園の設置

福岡市の待機児童解消のために、安全面と環境面が確保されていない土地への強引な移転計画が実行中。来月5月に着工予定だが、保護者は移転候補地の場所が案内されて以来、ずっと反対をしている。

ある保護者が書いたブログ記事で本問題が広く公開されると、facebook上で移転候補地への問題点に関しての賛同者が増え「いいねが1000件」つくなど、この移転問題はFBSでも特集で取り上げられた。

「福岡市の待機児童解消という数値目標達成」のために、「子どもたちの安全と環境」がそこなわれている現実がある。すでに反対署名は140名以上集まっており、今後も増え続けるだろう。今、子ども達の未来が危険にさらされている現実が福岡市中央区今泉でおこっている。今ならまだ間に合う。もう一度、候補地を再考してもらいたいと願う保護者達。


本件に関するお問い合わせ
 中央保育園保護者会 会長 堀田

   メールアドレス   : fukuoka.hoikuen@gmail.com
   お電話での問い合わせ: 080-3188-5399(堀田)

       執筆者:保護者 稲田行徳(いなだ社会保険労務士事務所)

添付資料


いなだ社会保険労務士事務所のこれまでのプレスリリース

13年04月29日 08時  福岡市中央区今泉の「中央保育園」移転問題。保護者たちの悲痛な叫び。

戻る このページのトップへ